読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタンディングみや

大阪 阿倍野の立ち呑み屋

4月1日本日のメニュー

f:id:standingmiya:20170401073139p:image
さぁ、何かを予感させる四月です。
この時期いつも思い出すのは大学の入学式です。
世に背を向けたい時期だった私はアルバイト用のジャンパーとヨレヨレのジーンズで式はそこそこに書類だけもらって下宿に戻ろうと正門に向かいました。
その途中クラブの勧誘の出店がたくさんあるのですが誰も私には声をかけませんでした。
そんな中、正門前で「君、新入生?」と合気道部の内田先輩でした。
当時、空手をやろうと思い上京してました。
池袋の道場に通う予定でした。
合気道の存在すら知らず、全く興味もなかったのですが、人のよい先輩の誘いを断れず見学だけでもと誘われついて行きました。
その時の道場でのことは何も覚えてません。
全く興味は湧かなかったのです。
終わったあと「下宿ならば一緒に晩メシ食べないか?」と言われ、どうせどこかで食べるんだと思いついて行きました。
江古田でその当時、安くて美味いと評判の金鶴寿司でした。
並350円、中500円その上も当然ありましたがが私たちに縁があるのはそこらへんまででした。
一時間くらいいたと思います。
並、中を一人前ずつ、ビールを二本だったと思います。
そのあと当然支払いとなりますが、先輩は頑として金を払わせてくれませんでした。
そこで私の人生は決まりました。
次の日から道場に先輩たちより早く行ってました。
一飯の恩義を感じ36年間合気道を続けることになったのです。
毎年この時期になるとこのことを思い出します。
先輩には心から感謝してます。

 

f:id:standingmiya:20170401162403j:image

ロールサンド    180円

 

f:id:standingmiya:20170401162516j:image

菜の花とツナのサラダ   350円

 

f:id:standingmiya:20170401162554j:image

竹輪とこんにゃくとピーマンの炒り煮    350円

 

f:id:standingmiya:20170401162637j:image

 

来週一週間お休みさせていただきます。

広告を非表示にする