スタンディングみや(でした。)

大阪で元気にやっています!

長い夏休み

f:id:standingmiya:20180815201532j:image

夏休みが短くなっているのを知りませんでした。

道場に通う女の子に教えてもらいました。でも宿題は減ってないんだとも教えてくれました。

それでも長い夏休みを今の子供たちはどう過ごしているのでしょう。

塾とゲームだけだったら寂しいですね。

今回も俳句サイトでとりあげられた作文です。

兼題は『夏草』でした。

俳句の方はもちろん並でした。

 

 

長い夏休みだった。 暑い夏を何をするわけでもなく無為に時間を費やしていた。同級生のあの子に会えない長い休みは私には休みではなく、拷問とも言えるものであった。 そんなある日の昼下がり、悪友が遊びの誘いに来た。長篠城に行こう、と言う。どう思いついたのか一番暑い午後の時間に自転車で長篠に向かった。寒狭川沿いに遡り、登り坂に向かいペダルを漕いだ。緑の中にいつもの長篠城跡はあった。合戦の跡地は夏草で覆われている。 2組に分かれて合戦は始まる。我々は無策だ。勢いだけのチームである。敵には策士がおり、我々の考えの及ばないワナを仕掛けていた。力強い夏草の先を結んだトラップ、だった。先頭を走っていた私は力一杯転んだ。泣きたいくらい痛かった。倒れたまま嗅ぐ夏草の匂い。むせ返るような青い匂いとぬる熱く蒸された土の匂いが混ざっている。学校で教わる歴史などまったく頭に入ってない私でも死を覚悟して長篠城の仲間に朗報を告げた鳥居強右衛門のことは知っていた。私の第一転で事なきを得た仲間たちのことを考え自身を鳥居に置き換えた。 その時溢れた涙は鳥居強右衛門への思いか、ただただ痛かったからなのかは今となっては定かでない。