スタンディングみや(でした。)

大阪で元気にやっています!

ようこそ

阿倍野の片隅で始めた店、2017年5月に閉店しました。

一部は当時のままこのブログを再開しています。

これからもよろしくお願いします。

2017年10月

もと店主

店主挨拶   お店の場所はこちら
飲み物のメニュー   合気道道場のご案内

広告を非表示にする

ホタルの思い出

f:id:standingmiya:20180619224219j:image

蒸し暑さの増すこの時期になるといつも思い出す。

21世紀を迎える直前の夏のこと、当時はゼネコンの営業マン、京都にいた。

当時いた会社には社員は1万人近くおり営業マンもいろんなヤツが がいた。

後発のゼネコンであったが大手のゼネコンに食らいつく勢いで野武士の集団と言われる存在だった。

そんな営業マンの一人が私の上司の京都営業所長に相談に来ていた。

付き合いのある公益法人の理事から京都に本部ビルを建てたいので協力して欲しいと言われているとのことだった。

そしてその夜その理事の自宅まで行った。京都岩倉の奥、人里離れた田んぼの中、夜行くような場所ではない。

社有車はそこで帰らせて、とぼとぼと田の間の道を歩いた。

昭和の御代の前からあるような古い日本家屋だった。 

理事の案内で門をくぐり玄関に入ると着物姿の老婆が三つ指をついて待っていた。

失礼だが私には日本画から抜け出た幽霊に見えた。

理事のお母さんだった。

あとで聞くと六十はとうに過ぎたであろう理事は母一人子一人とのことであった。

客間で接待を受けた。あまり冷えてないビール、ぬるい冷酒。鮎の塩焼きくらいしか覚えてない。

何を話ししたかも覚えてない。

とにかく2時間近くかけて通ってた奈良の自宅にどう帰るかを考えていた。

終わって理事の自宅を出た時間にはもうとうに帰る電車は無かった。

クーラーの無い部屋で汗を拭きながら酒を飲んでいた。

涼しいだろうと思った外はもっと蒸し暑かった。

そこで目に入ったのがブンブン唸り声が聞こえそうくらいのホタルの光だった。生まれて初めてくらいのホタルの数だった。

それからホタルは嫌いである。

 

翌日所長は容赦なく理事との付き合いは切った。

後日、その理事は別件で収賄で逮捕された。

所長曰くは「宮島、お母さんの襦袢の襟に気がついたか?」

全くわからなかった。

垢で真っ黒かったと言うのだ。

金欲しさで近づいて精一杯のもてなしをしてくれたんだろうと言った。

この所長には沢山の事を教えてもらった。

 

ホタルのこの時期、思い出すのはこんな悲しい話だけだ。

ホタルには責任はない。

生きる人間の作り上げたこの世の中に責任があるのだろう。

 

 

広告を非表示にする