スタンディングみや(でした。)

大阪で元気にやっています!

サイボーグ008を思い出せる人、

知ってる人はもう少ないのでしょか? 先日NHKニュースの特集で『大阪の老舗メーカー、水着作りのレガシー』たしかこんなタイトルのをやってました。 (この時まで大阪が本社とは存じ上げませんでした。ミズノさんごめんなさい。) その時のスイムスーツを見…

さらば、豊橋

と言っても故郷に別れを告げる訳じゃありません。 今朝、帰宅して私の知らないうちにテポドンでもやって来てはいまいかとテレビの前に座り込みました。 するとEテレの『0655』のおはようソングで流れていたのがこの『さらば豊橋』でした。 ロス・プリモスが…

私の愛する国産製品

『日産自動車の販売二割減』 と朝刊で目にしました。 当たり前ですよね。 こういったことを論じる場としたくはないのですが、腹が立っています。 現在の日本を牽引してきた企業で続く不祥事、言いたいことは山ほどありますが共通して思うのはテレビで頭を下…

野分去り……

台風21号は選挙とともに去りました。 雨を連れて行き、寒さを置いていったようです。 秋の味覚が最終コーナーを迎えています。 子供のころ、裕福な家庭ではなかったのですが果物が食卓から無くなる事がありませんでした。 母の優しさだったんだと思います。 …

台風21号の宵

皆さんどのようにお過ごしですでしょう。 本日は稽古も休みとさせていただきました。 台風情報を聞きながらトラを相手に立ち飲みです。 こんな夜、家で飲みながら幸せを感じます。 パエリア鋭意制作中です。

考えること

疲れています。 久しぶりに疲れています。 若い頃ずいぶん徹夜で働きました。 豊橋の魚市場から始まり、ガードマン、建設現場、築地市場。 昼は授業を受け、稽古をし、酒を飲んで仕事に行ってました。 歳かも知れません。 私の苦手な事務仕事だからかも知れ…

成らぬは人の為さぬなりけり

今、故あって八尾市に移り住んでいます。 どこの地方都市でも一緒でしょう、狭い道路を路線バスが走りおじいさん、おばあさんたちが乗り降りします。 自家用車を手放せば高齢者の方々には必要不可欠な公共交通機関です。 その光景を見るたびに思い出します。…

江古田の想い出

雨の降る昨晩、家を出る前にNHKの『Tokyoディープ』で江古田が特集されてました。 私たちが学生生活を送った街です。 懐かしく30分間釘付けにされました。 ここに生きた当時の学生のほとんどが知ってる『江古田スケッチ』って曲があります。 歌詞は ♫忘れら…

雨の月曜日

憂鬱ですね。 ただでさえ嫌な月曜日、しかも雨。 このまま冬眠したくなります。 このまま雨が続けば金木犀の匂いとも来年までサヨナラですね。 皆さん、今日は早く帰ってご家庭で温まってください。

大阪の街を歩いて思うこと

大阪の街は大阪です。 昨日の休み、約束をしている大学同窓生の沓澤君に会いに梅田まで出かけました。 少し早く出かけてアバンザのジュンク堂に向かう途中の出来事でした。 ドーチカで広島から来た車椅子のお兄さんと遭遇しました。 スロープを苦労して上が…

田井劇場

生まれて初めて整体、カイロなるところへ行って来ました。 二カ月も前の話です。 家内は十数年来、縁の切れる事の無い場所でした。 私は妙にカラダには自信があり、病院というものに今までほとんどお世話になる事はありませんでした。 その無理が祟ったので…

金木犀の匂ひ

昨夜あっと気がつきました。 金木犀です。 そんな季節がやって来ていたのです。 ただ、今年は例年に感じる物哀しさがありません。 何が違うのでしょう。 これからやって来るのでしょうか? この感覚はこのブログ9月29日の『肌で感じる秋』と同じです。 五感…

ユニバーサルデザインと読書の秋その4

建設業界から離れ随分時間が流れました。 友人が『ユニバーサルデザイン』を真剣に考えています。 私は専門ではありません。 詳しくはありませんが、この手の事はまずはソフトではないかと思います。 万人に受け入れられる設計なんてありえないでしょう。 そ…

体育の日

久しぶりの休み。 朝から大阪市美術館まで家内と出かける。 合気道の師範の作品を二人で観賞。 静かでいい時間が流れている。 その後てんしばに始めて寄った。 阿倍野でお世話になった小池さんに挨拶をしたかった。 定年を迎え今は特別支援学校で非常勤で仕…

今宵は……

難波で沈没です。 久しぶりにスーツ着ました。

読書の秋 その3

昨日に続き、昭和の漫画シリーズ。 石ノ森章太郎 がまだ石森章太郎だった頃です。 代表されるサイボーグ007、仮面ライダー、などの他にこんなほのぼのする漫画も描いてました。 石ノ森本人も主人公のボンボンとゴン太のドタバタで勉強疲れ、仕事疲れの脳…

読書の秋 その2

先日合気道の稽古の帰り、受け身の事で私がニャンコ先生の話をすると若い女性と話が噛み合いません。 聞けば彼女は今のアニメの猫の妖怪を言ってるのでした。 私の子供と同世代の彼女、納得しました。 私のは『いなかっぺ大将』のニャンコ先生です。 私の同…

読書の秋

言うと笑われるのですが、実は趣味は読書です。 学生時代、合気道の本部道場の前で道着を包んだ風呂敷と読みかけのハードカバーの本を抱えて師範を待っていると指導員の先生方によくからかわれたものです。 本など無縁に見えたようです。 でも読書も本屋にい…

宅急便に思うこと

私たちの生活に欠かせなくなっている宅急便です。 私の性格もあるのでしょうが、配達時間に拘束されるのがストレスでした。 しかし便利になりました。メールの連絡で受け取り時間も場所も指定出来ます。私の場合、車で5分くらいの営業所まで取りに行きます。…

背中でモノを言う

わが家の二匹、餌皿の前で私に背中で言ってきます。 栄養過多の二匹、もう少し待てよ、と私も背で返します。 しばらくすると目で訴えてきます。 今日も私が負け、二匹に新しいエサを与えます。 モノを言えぬ二匹の不断の修行が優っているようです。

秋の夜長

さて、到来した秋の夜をみなさんどのようにお過ごしでしょうか? 大阪東武育会阿倍野道場では金曜日の稽古生を募集しています。 午後7時から9時までやっています。 月見酒の秋、読書の秋、食欲の秋ですが、すべて健全な肉体があって成り立つものですよね。 …

How do you cook an eel ?

3月14日のブログで母の焼いた鰻の事を載せています。 一昨日愛知に帰り、スーパーに行く機会があり鮮魚コーナーを覗きました。 白焼きです。 う〜ん、これならば母の調理でも鰻の美味にたどり着けたかも知れません。 でも小学生で大人の味に巡り会わなかった…

肌が感じる秋

毎年秋への空気の入れ替わりを肌で感じています。 今年は昨日、愛知からの帰りにやって来ました。 東名高速美合サービスエリアのマクドナルドでコーヒーを買って自動ドアを抜けた時にやって来ました。 肌にまとわりたついてた湿った空気が皮膚が一枚剥がされ…

色違いの曼珠沙華

雨上がりの朝です。 故郷の豊川市まで来ています。 朱色の曼珠沙華は色が褪せながらも力強く曇天に突き刺さるように立っていました どうも時期が違うんですね。 バトンタッチしてクリーム色、そして白色の曼珠沙華が次は私達の出番よ、とばかりに咲き誇って…

秋のみのり

思うところがあり、現在深夜の作業に就かせてもらっています。 始発で帰宅しています。 裏の田は稲がたわわと実り、そろそろ稲刈りが始まるんだなと写真を一枚撮ってベッドに横になりました。 大きな作業音がしていたのでしょうが、全く気が付きませんでした…

靖國神社の思い出

学生時代の思い出です。 一人で朝早くに靖国神社まで行きました。 年一度の合気道の演武大会の準備に毎年駆り出されてました。 武道館に行く前に寄ったのだと思います。 手を合わせて頭を下げ、学生服だったので右翼の学生かと見間違われたかも知れません。 …

赤湯から来た秋の恵み

バイオレットキング 初めて口にした種類でした。 甘過ぎない甘さとその甘さと調和のとれた酸味はここで形容はできません。 母の自慢の山形県赤湯の秋の恵みです。 先週末、愛知にいる母を従兄弟が見舞ってくれました。 神奈川から赤湯まで車で走り秋の恵みを…

昭和の匂ひ

昭和の匂いがまた一つ消え去ろうとしています。 人皆荷物を背負ってこの世に出てくるんだと思います。 でも母の荷物は随分重かったようです。 不可抗力の原因でここまで人が苦しんでよいものかと腹立たしく、何度天に向かい唾を吐いたかわかりません。 でも…

恩師 市橋紀彦師範

大学で合気道と出会い、亡くなるまでずっとお世話になりました。 稽古ばかりでなく全てに厳しく優しい先生でした。 私たち学生に生き方まで教えてくれました。 「 楽しくなければ合気道じゃない。」 が先生の言葉です。 あれから40年近くが経過し、人を教え…

桃の思い出

冷蔵庫の大きな桃をみて40年前を思い出しました。 高校二年の夏休みに愛知県豊川市から母の実家の山形県南陽市赤湯まで行って来ました。 自転車で、ウロウロしながら1,500キロ近くを一カ月かけて往復しました。 暑かったはずですが記憶にはありません。 1日1…